文字サイズ

ごあいさつ・ビデオメッセージ

ごあいさつ・ビデオメッセージ

ごあいさつ

清家 篤

社会福祉法人全国社会福祉協議会 会長

 福祉機器Web2020ふくしききうえぶアクセスあくせすいただき、まことにありがとうございます。
 世界的せかいてきパンデミックぱんでみっく収束しゅうそくしないなかで、だい47回国際福祉機器展かいこくさいふくしききてんHえいち.Cしー.Rあーる.のライブらいぶでの開催かいさい中止ちゅうしし、それにわり、オンラインイベントおんらいんいべんと福祉機器Web2020ふくしききうえぶ」を開催かいさいすることといたしました。
 このような状況下じょうきょうかですので、皆様みなさまのご理解りかいをいただければさいわいです。

 ご承知しょうちのとおり、Hえいち.Cしー.Rあーる.は『れてたしかめる』ことができる展示会てんじかいとして開催かいさいし、したしまれてまいりましたが、本年度ほんねんどみつけ、いつでもどこからでも必要ひつよう福祉機器情報ふくしききじょうほうアクセスあくせすできることを主眼しゅがんにおいて、オンライン方式おんらいんほうしきといたしました。
 この1ねん福祉機器開発ふくしききかいはつ進化しんかおおくの方々かたがたにごらんいただける内容ないようとなっています。

 開催かいさいにあたりましては、これまでHえいち.Cしー.Rあーる.に出展しゅってんされた企業きぎょう団体様だんたいさまにおびかけし、13かこく1地域ちいき・345の出展社しゅってんしゃのご参加さんかをいただきました。
 関係者かんけいしゃ皆様みなさまのご協力きょうりょくにより実施じっしできますことにこころより感謝申かんしゃもうしあげます。ありがとうございます。

 わたしたちは、くにすすめている地域共生社会ちいききょうせいしゃかい実現じつげん国連こくれんのめざす誰一人取だれひとりとのこさない社会しゃかいづくりの実現じつげんSDGsえすでぃじーず)とじくいつにした、ともにきるゆたかな地域社会ちいきしゃかいづくりを目標もくひょうとする「全社協福祉ビジョン2020ぜんしゃきょうふくしびじょん」を本年ほんねん公表こうひょうしました。
 本イベントほんいべんとは、こうした目標もくひょう実現じつげん支援しえんするみのひとつとかんがえています。

 障害しょうがいのある人々ひとびと高齢者こうれいしゃ生活せいかつささえる福祉機器ふくしききは、ゆたかな共生社会きょうせいしゃかい実現じつげんしていくためにもかすことのできない、重要じゅうよう役割やくわりたしています。
 福祉機器ふくしきき活用かつようは、地域社会ちいきしゃかいでの自立生活じりつせいかつ参加さんかささえていくための一助いちじょとなります。

 さらに、現在げんざい状況じょうきょうもとでは、福祉現場ふくしげんばにおけるICTあいしーてぃー介護支援ロボットかいごしえんろぼっと積極的せっきょくてき導入どうにゅう感染症予防関連かんせんしょうよぼうかんれん機器導入ききどうにゅう喫緊きっきん課題かだいです。
 「福祉機器Web2020ふくしききうえぶ」では、そうした福祉現場ふくしげんば直面ちょくめんしている課題解決かだいかいけつのための福祉機器ふくしきき情報じょうほうをはじめとして、利用者りようしゃ方々かたがた多様たよう生活せいかつのあらゆる場面ばめん活用かつよういただける最新情報さいしんじょうほう発信はっしんしていきます。

 福祉機器ユーザーふくしききゆーざーやその支援者しえんしゃ機器開発普及ききかいはつふきゅう尽力じんりょくされる企業きぎょう団体だんたいをはじめとし、閲覧えつらん参加さんかされるおおくの皆様みなさまが、本イベントほんいべんとでの福祉機器紹介ふくしききしょうかいWebセミナーうえぶせみなーつうじて、有益ゆうえき情報じょうほう共有きょうゆうされることを期待きたいしております。

Thank you very much for accessing Home Care & Rehabilitation Equipment Web2020. This year, with no sign yet of the COVID-19 pandemic settling down, the 47th International H.C.R. Exhibition as a live event has been canceled and this online event, Home Care & Rehabilitation Equipment Web2020, will be held in its place. Thank you for your kind understanding of the situation.

As you are aware, H.C.R. has been popular as an event where people can check the exhibits by seeing and touching them. This year, to avoid the “Three Cs,” it will be an online event aimed at making it possible to access the necessary information on home care and rehabilitation equipment from any place at any time. The contents will enable many people to see the evolution of home care and rehabilitation equipment over the past year.

For this online event, we have contacted all the companies and organizations that have exhibited at the H.C.R. Exhibition and secured the participation of 345 exhibitors from 13 countries and one region. We would like to express our sincere gratitude to everyone involved for their cooperation. Thank you all very much.

This year the Japan National Council of Social Welfare’s “Social Welfare Vision 2020” was announced. Vision 2020 aims to create rich regional societies where people can live together harmoniously, in alignment with the realization of the regional symbiotic society being promoted by Japan and the Sustainable Development Goals set by the United Nations to ensure that no one is left behind. We consider this event to be one initiative toward the achievement of these objectives.

Home care and rehabilitation equipment that supports the lives of people with disabilities and the aged plays an important role which is essential for the realization of a rich symbiotic society. The utilization of such equipment will help to support people’s independent lives and participation in regional society.

Furthermore, in the current situation, the active introduction of ICT and care support robots in welfare in places where care is provided and the introduction of personal protective equipment are urgent tasks. Home Care & Rehabilitation Equipment Web2020 provides the latest information that users can utilize in all kinds of living situations, including information on home care and rehabilitation equipment to solve the problems faced at such care provision sites.

We very much hope that the many people who browse and participate in this online event, including users of home care and rehabilitation equipment and their supporters and companies and organizations committed to its spread and development, will share useful information by introducing equipment in the online event and taking part in Web seminars.

Atsushi Seike
President
Japan National Council of Social Welfare

ビデオメッセージ

赤澤 公省

厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部長

厚生労働省こうせいろうどうしょう 社会しゃかい援護局障害保健福祉部長えんごきょくしょうがいほけんふくしぶちょう 赤澤公省あかざわこうせいです。

 このたび、「全国社会福祉協議会ぜんこくしゃかいふくしきょうぎかい」および「保健福祉広報協会ほけんふくしこうほうきょうかい」の皆様みなさまのご尽力じんりょくのもと、「オンラインイベントおんらいんいべんと 福祉機器Web2020ふくしききうえぶ」が開催かいさいされますことを、こころよりおよろこもうしあげます。

 世界有数せかいゆうすう規模きぼほこるこの国際福祉機器展こくさいふくしききてんですが、本年ほんねんは、「あたらしい 生活様式せいかつようしき実践じっせん」にまれたイベントいべんととして大変意義たいへんいぎふかいものであるとかんがえています。本年ほんねん開催かいさいもこれまでと同様どうよう世界せかい13かこく地域ちいきから、345しゃもの方々かたがた出展 しゅってんされているとうかがっています。ハンドメイドはんどめいど自助具じじょぐから最先端技術さいせんたんぎじゅつ活用かつようした福祉車両ふくししゃりょうまで、世界せかい福祉機器ふくしききのこの1年間1ねんかん開発かいはつ進化しんかなど、最新さいしん情報じょうほう福祉機器ユーザーふくしききゆーざー福祉施設関係者ふくししせつかんけいしゃ皆様みなさまとどけることができる大変貴重たいへんきちょう機会きかいであるとかんがえています。

 障害しょうがいのあるかた高齢者こうれいしゃかたが、生涯しょうがいとおしてそのひとらしく自立じりつした日常生活にちじょうせいかつ社会生活しゃかいせいかつおくれるよう、また、家族かぞくふく介護者かいごしゃかた負担軽減ふたんけいげん就学しゅうがく就労先しゅうろうさきなどで支援しえんをされているかた支援方法しえんほうほう円滑化えんかつかはかるうえでも、福祉機器ふくしききたす役割やくわりはますます重要じゅうようになっています。

 国内外こくないがいおおくの関係者かんけいしゃがいつでもどこでもアクセスあくせすできるこのオンライン展示会おんらいんてんじかいとおして、福祉機器ふくしききのさらなる普及ふきゅう開発促進かいはつそくしんにつながることを期待きたいしております。

 AIえーあいロボットろぼっとICTあいしーてぃーにとどまらず、VRぶいあーるなどイノベーション技術いのべーしょんぎじゅつ加速かそくするなか、最先端技術さいせんたんぎじゅつ開発かいはつされた福祉機器ふくしききが、現場げんば有効活用ゆうこうかつようできるよう人材じんざい育成いくせいふくめた地域資源ちいきしげんなどの基盤整備きばんせいび重要じゅうよう課題かだいだとかんがえております。
 障害しょうがい有無うむ生活環境等せいかつかんきょうとうにかかわらずゆたかな人生じんせい享受きょうじゅできるよう、福祉機器ふくしきき開発かいはつ普及ふきゅう取組とりくみけて、つづき、関係省庁かんけいしょうちょうとも一丸いちがんとなってんでまいります。

 むすびに、開催かいさいにご尽力じんりょくいただきました「 全国社会福祉協議会ぜんこくしゃかいふくしきょうぎかい」および「保健福祉広報協会ほけんふくしこうほうきょうかい」ならびにオンラインおんらいんでご参加さんか皆様みなさまの、ますますのご健勝けんしょうとご発展はってんをおいのりして、わたし挨拶あいさつといたします。


令和れいわねん10がつ21にち

厚生労働省こうせいろうどうしょう 社会しゃかい援護局 障害保健福祉部長えんごきょくしょうがいふくしほけんぶちょう  赤澤公省あかざわこうせい
※Minisiter of Health, Labour and Welfare

I would like to express my heartfelt congratulations on the holding of the online event, Home Care & Rehabilitation Equipment Web2020 thanks to the tremendous efforts of everyone at the Japan National Council of Social Welfare and the Health and Welfare Information Association.

The International Home Care & Rehabilitation Exhibition is one of the largest exhibitions of its kind in the world. I think it is deeply significant that this year it will be an event that promotes the practice of a new lifestyle. I understand that this year as many as 345 companies from 13 countries and one region, as in previous years, will be exhibiting. This is a precious opportunity to deliver to users of home care and rehabilitation equipment and care facility personnel the very latest information, such as the evolution over the past year of equipment around the world, ranging from hand-made self-help devices to welfare vehicles using leading-edge technologies.

The role of home care and rehabilitation equipment is becoming increasingly important, not only to ensure that persons with disabilities and the aged can lead an independent daily and social life according to their individuality throughout their lives, but also to reduce the burden of care providers including family members and to facilitate methods of support by those providing assistance at places of education or work.

I very much hope that this online exhibition that can be accessed anywhere, any time by many people involved both in Japan and overseas will lead to the further spread and development of home care and rehabilitation equipment.

With the current acceleration of innovation not only in AI, robotics, and ITC, but also in virtual reality, another urgent task is the development of infrastructure such as regional resources, including the fostering of human resources so that they can make effective on-site use of home care and rehabilitation equipment developed with these leading-edge technologies.

In close coordination with the other ministries and agencies concerned, we will continue to promote the development and diffusion of home care and rehabilitation equipment so that people can enjoy rich lives regardless of whether or not they have disabilities and of their living environment.

Finally, I would like to convey my best wishes to everyone in the Japan National Council of Social Welfare and the Health and Welfare Information Association, and to all the online participants.

October 21, 2020

Kousei Akazawa
Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan
Director-General, Department of Health and Welfare for Persons with Disabilities